大浜釣り倶楽部親睦釣り大会

 <5月25日 鳴尾導流堤にて>

 大浜釣り倶楽部親睦釣り大会参加者・・(敬称略)@魚魂、ガンタ、ぶるぱぱ、とよぢ、まさちん

                                                   

  5月25日に、今年9周年を迎える大浜釣り倶楽部主催の親睦釣り大会が
 今年も鳴尾浜導流堤で開催され、
 今回初めてBFCから参加させていただきました。
 早朝3時半からの受付を済ませ、参加総勢約60人が導流堤に渡ります。
 歴戦の強者揃いの今年の大会、果たして結果は如何に?

 今回、BFCから大会へ参加のメンバーです。


 大浜釣り倶楽部「ヒゲ面」会長の挨拶です。



我がBFCメンバーは、親交が深いハネ釣友会のメンバーと共に、
阪神高速の高架下付近に陣取りました。
開始30分、撒き餌が効いてきたのか、ポツリポツリと竿が曲がり始めます。

そして前回の交流会と同じく、この人が口火を切りました。ぶるぱぱ氏。



この鷲掴みをどれほど大勢の人が待ち焦がれていたか(大笑)


それから暫くしてアタリをとらえたのは魚魂代表。
暴れまわる敵をうまくいなし、浮かせたのは良型のハネ。
検寸すると61.5センチのギリスズキ。



続いてガンタ顧問にも大好きなキビレ42センチ。(笑)


一人前打ちで臨んでいたまさちん団長は、キビレばかり5匹仕留めています。



しかし、2種揃えるのは結構難しく、どちらかに偏った釣果の人が多い模様。
そんな中、魚魂代表がキビレ39センチをゲット。規定クリアです。
しばらく小康状態が続きお喋りに話が咲いていた時、 棚を底を這わせるまで下げていた魚魂代表のウキに前アタリが。
みんなが見守る中、ゆっくりウキが沈んでいき、キビレ44,5センチゲット。入れ替え成功。



皆さんも頑張るも2種類の規定を揃えるのに苦戦を強いられた方も(笑)

そんな皆さん方の頑張る様子をご紹介します。

























坐骨神経痛の人(笑)


みんなで最後まで諦めずに頑張りましたが規定メイク、入れ替えはできず、時間切れ終了。
引き上げ後、待ちに待った結果発表です。













3位にハネ釣友会のID氏が入りました。


そしてなんと、優勝は我がBFCの魚魂代表に決定しました〜〜〜〜〜。
魚魂代表やりました。



最後はお楽しみ抽選会。
BFCメンバーはそれぞれ結構なモノをゲットしたみたいですネ。
以上事故もなく大会は無事終了いたしました。
BFCメンバーも色々お世話になりました。

これもひとえに大会関係者の皆さんのお陰かと思います。
ヒゲ面会長さん始め、大浜釣り倶楽部関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


次回は6月29日の6月例会の様子をご紹介いたします。


                                       このページ上部へ↑